エリオット、ハロルドと太陽

エリオット、ハロルドと太陽


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

「休暇の最初の朝です。エリオットとハロルドは目が覚めています。彼らは海で過ごす良い時間を考えています。」しかし、何かがいつもと違う…二人のラスカル?セリーヌの物語をすぐに読んでください。

  • それは休暇の最初の朝です。エリオットとハロルドは目覚めています。彼らは海で過ごす楽しい時間を考えていますが、何かがいつもと違う...
  • 「太陽に問題があると思う…」エリオットは弟に言った。興味をそそられて、二人の少年は庭に行って見ることに決めて、そして、...太陽が地面に落ちたことを発見します。
  • その光線の多くは壊れており、残っている光線は非常に弱いため、ほとんど何も照らしません...「しかし、あなたはここで何をしているのですか?」ハロルドは、彼の目を信じていません。
  • 「今朝、私はあまり気分が悪く、起きられなかったので、突然のブームのすべてで、自分の前にいることに気づきました!」太陽に答えます。
  • 「しかし、それは夏休みです、あなたなしで私たちは何をするつもりですか?」、心配ハロルド。
  • 「あなたはかけがえのない!」エリオットは叫ぶ。
  • 太陽がため息をついて言います。「ああ、私はまだ非常に役立っているのだろうかと思うことがあります...私は本当に輝いています。世界を幸せにするために最善を尽くしています。怒り、何も主張しない...それは残念だ... "
  • エリオットとハロルドは注意深く耳を傾けます。 「そして、私はまた、花や木が常に非常に良いとは限らないことを確認します...世界はあまり丸くならないように見えます...」、太陽は続けます。

1 2